So-net無料ブログ作成

4月8日のキセキ [kamaishi]

桜は咲いたけれど、お花見するにはちょっと寒い。

朝のお散歩のときに近所の公園でちょっとお花見。

P1080953 (330x450).jpg

四季のある国に生まれてよかったとつくづく思います。
有楽町の桜もきれいだったけど、家の近所の桜もとてもきれい。
今年の桜は色が濃いような気がします。

P1080960 (450x338).jpg

モカもショパンも、つまらなさそう。
美味しいものがないからね。


今日は4月8日。
灌仏会、お釈迦様が生まれた日です。

3月の大地震の後、mochapapaと交代で釜じいのところに帰省していましたが、この日は私が釜じいのところにいました。

4月7日の23時過ぎ、大きな地震がありました。
宮城沖を震源とするM7.4、釜じいのところは震度6弱でした。
被害がないか見回りしたくても停電。

翌朝、見回りをしてみると、食器が割れていたり、テレビがひっくり返ったり、墓石が落ちて割れていたり。
3月の地震の時よりもひどい状態と釜じいは話していました。
そんな中、須弥壇でこんな状態のお釈迦様を発見。

TS3Q0032 (338x450).jpg

人の手は全く加えていません。
お釈迦様は奇跡的に落ちることなく、バランスを取り、飛んでいるかのように経本の上に乗っていました。

1年後の4月8日。
桜がとてもきれいです。

P1080955 (450x338).jpg

昨年は桜がきれいと思う余裕はありませんでした。


モカは10歳を過ぎて、寝ている時間が多くなったような気がします。
P1080968 (450x338).jpg
お散歩のときにはとても元気ですが。

釜石藤勇醤油ロール『復興の環』 [kamaishi]

復興支援にもいろいろありますが、釜石の新しいお土産になりそうなこの1品。

地元釜石では誰もが知っている、明治35年創業の藤勇醸造。
濃厚で甘口のお醤油は釜石の食卓には欠かせません。

そのお醤油を使ったロールケーキが発売されるとの情報があり楽しみにしていました。
釜石を含む三陸の復興を目的として開発されたのだそうです。

販売開始と聞いたので早速釜ばあに連絡し送ってもらいました。
釜石の情報なのに地元にいる人には伝わらないことが結構あるようです。

お醤油の滴とロールケーキをデザインしたパッケージもとてもいい感じ。

DSC_0531.JPG

長さは15cmほど。
普通のロールケーキより幾分黄色が濃いめのスポンジが白いクリームを巻き込んでいます。

早速一口。
お醤油!と主張してくる感じではなく、後味にほんのりお醤油が香り上品な感じがします。
甘すぎず、これなら1本食べられそうな気がします。

「もちもちの新食感」とありますが、もちっとするくらいです。
フワフワのスポンジともっちりした感じが融合したロールケーキ。

DSC_0533.JPG

私はお煎茶でいただきましたが、紅茶にも合いそう。

現在は札幌で作っているそうですが、段階的に製造から販売までを釜石にしていく予定とのこと。

釜石の新しいお土産になりますように。

こちらで入手が可能なようです。
http://hamayuri.net/

釜ばあは、シープラザ釜石で購入したようです。
お店から冷凍で発送されるようです。



今までにも全国からたくさんの応援をいただいており本当にありがたいと思っています。

まだまだ不自由な生活を送っている方も多いのが実情です。
釜石・大槌を応援するサイトがありますので紹介させていただきます。

PROJECT NEXT「顔が見える支援」http://www.project-next.com/projectNext/Top.html

おいしい三陸応援団「被災した事業所の応援」http://oishiisanriku.com/

大槌町地場産品復興プロジェクト「立ち上がれ!ど真ん中・おおつち」http://www.otsuchi.jp/

ボランティアに現地には行けないけれど・・・、なんらかの形で現地を応援したい・・・という皆様、よろしくお願いいたします。

岩手県立釜石高等学校同窓会第13回関東支部総会・懇親会 [kamaishi]

10月2日13時から、東京藝術大学内大浦食堂で第13回関東支部総会、懇親会が開催されました。
2年に一度の開催です。

o0796057711457333801.jpg

当初は7月に予定されていたようですが、東日本大震災の影響で場所も変更、3か月遅れての開催となりました。
藝大出身の現幹事長が学校にお願いをして今回開催の運びとなったそうです。
準備が大変だったことと思います。
幹事の方々、スタッフの皆様、ありがとうございました。

正面に大きな校旗が掲げられた会場は200人がぎっしり。
20111003_212754.jpg


黙祷に続き校歌斉唱。
卒業して30年以上経つのにちゃんと覚えています。
昨日初めて気が付いたのですが、校歌の作曲者は下総皖一氏だったのですね!
下総皖一氏は埼玉ゆかりの作曲家で「たなばたさま」や「ゆうやけこやけ」など童謡の他に箏の曲も作っています。
S之介がお箏のおけいこで「下総皖一について調べる」という宿題があったような・・・


現校長先生、市役所からは2名が来賓として出席なさいました。
支部活動報告に続き、釜石はまゆり会から震災義捐金活動報告。
たくさんの応援があり3500万円を超える義捐金が集まったそうです。

特別企画として釜南出身のあんべ光俊さんのミニライブもありました。

同期は11人が集合。
何度か出席していますが、こんなにたくさん集まったのは初めてかも。
これを機会に同期会を開こうということになりました。
近況報告、高校時代のこと、話は尽きません。

第1応援歌、逍遥歌を歌い、「がんばれ釜高!」「がんばれ釜石」のエール。
最後は一本締めで閉会。
予定時間を30分ほど過ぎていました。


その後上野駅前で同期で二次会、カラオケで盛り上がりました。
でもやはり震災の話に。
亡くなった同級生の話や実家が被災した話になると誰もが涙に。
私は家も無事だったし、親も無事だったけど、未だ不明の叔母さんや亡くなった叔父さん、お祖母ちゃんのことが思い出されて・・・

『夢をあきらめないで』を歌って解散となりました。
この曲、実は私が歌うことのできる数少ない曲だったりして。
でもこの曲を選んだのは私ではありませんよ。
カラオケのときにはなるべく歌わなくて済むようおとなしく小さくなってますから。


生きている私は生かされている理由があるのだと思っています。
昨日の同窓会の会場に集まった皆も何かしらの縁があってあの場所に集ったのだと思います。
日々大事に暮らして行こうと思います。
バタバタの毎日だけどね。


そうそう、初めて足を踏み入れた藝大。
ゆっくり見たかったなぁ。
こんな機会はそうそうないから。
大浦食堂、テラスもあって素敵なところでした。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。