So-net無料ブログ作成

一年 [baron]

とめのすけです。

 

音楽部の合宿に行っていたM子。冬休みに入ってからも部活はあります。

24日から26日まで合宿でしたが、歌う・歌う・走る・歌う・歌う・歌う・・・・・・走る・歌うの3日間で充実した練習ができたそうです。

今日も、明日も部活です。

 

バロンが虹の橋を渡って1年が経ちました。

S之介とmochapapaが釜じいのところに泊まりに行っているので、お墓の前で私の分もお参りするよう頼みました。私は釜じいの家のほうに向かって合掌しました。

優しいバロンのことなので、向こうでたくさんのお友達に囲まれて楽しく暮らしていると思います。食いしん坊だったので、お腹一杯美味しいものを食べてのんびりしていると思います。

近所の人はバロンがいなくなったことを知っていますが、1年ぶりにお寺にお参りに来てバロンがいないことに気がつき尋ねる人もいるそうです。

釜じいの家の近くでパピヨンを飼っているおじさんは、毎日のお散歩のときにバロンのところに寄って声をかけてくれていたそうですが、今でもバロンがいた場所に立ち寄ってくれるそうです。

みんなの心の中にバロンはいます。

 

2007年も残すところあと4日。

昨日まで仕事だったので今日から大掃除&おせちの仕込みに入りました。

お正月は喜多じいの家で過ごします。宅配おせちも注文してありますが、黒豆、数の子、おにしめ、こづゆ、たづくりは毎年私が作ります。昆布巻きも、なますも作っていましたが、だんだん手抜きになってきました。

「たづくりと数の子をお願いします!」とS之介に言われていますから、それは作らないとね。

明日は黒豆をとろとろ煮ます。

私が食べられるのもお願いします。

おいらは明日も寝て過ごすジョ!


お知らせ [baron]

突然のお知らせです 。

12月15日に釜じいが大切にし自分の犬として登録したばかりだったバロンが26日に虹の橋を渡りました。

Canndy papasさんが最初に助けて、たくさんの方々に見守られていた大事な大事な命をなくしてしまうなんて謝っても謝りきれません。

24日、イブの夕方5時頃にいつものように釜じいとお散歩にでかけようとしたときにリードがうまくついていなかったようではずれて逃走しました。 暗闇に消えてしまったそうです。「バロン、ごはんだよ」と食べるのが大好きなバロンを呼んだそうですが、戻ってきませんでした。クリスマスで釜じいの家に泊まりに行っていたM子やS之介、弟夫婦、バロンが大好きだった幼稚園のバスの先生、近所の方々で手分けして捜したそうです。

すぐに警察にも連絡したそうです。すると、警察の方は「今日は他に3頭捜索願いが出ている。どうしたものか」と言っていたそうです。

翌日、保健所にも連絡を入れ、尽くせる限りの手立てでバロンを探したそうです。M子とS之介も、何度も何度も探しに行ったそうです。 車でかなり遠くまで捜しに行ったそうです。タクシーの運転手さんたちも協力してくれました。いつも配達に来るヤクルトのおばさんが、バロンが見えないことに気がつき、訳を話すと「バロンて声をかけると、私に笑ってくれるのよ。私も捜すし、お客さんたちにも声をかけてみるから」と協力してくれました。

しかし、街のみんながバロンのことを知っているのに目撃情報すらありませんでした。地元の新聞にバロンを捜していることを掲載してもらうことにもしました。私も捜しに行くつもりでいました。
しかし、26日のお昼頃に保健所から電話がありました。踏み切りで一時間に一本くらいしか通過しないJRの車両とぶつかって亡くなっていたということです。 
バロンが通っていた動物病院の近くだったそうです。
JRの運転手さんから「熊と接触したようなので、現場に行ってみてください」とJRの保線区に連絡があり、駆けつけてみると、立派な犬だったので大事に保健所に届けてくれたのだそうです。バロンのことを保健所に届けてありましたので、特徴をみてすぐに連絡がありました。弟とバロンが大好きな幼稚園の運転手さんとで引き取りに行きました。

27日にバロンに会いに行きました。
私が最初に釜ばあから聞いた話では鼻に白い塗料が付いているということでしたが、右の前足が接触したようです。エアデールが寝るときによくするようにFの字のままバロンは息耐えていました。本当に眠っているようで、顔もからだもきれいなままでした。外から見えるところに傷はありませんでした。夏にはガリガリで骨にすぐ触れるくらい痩せていたのに、たくさん食べてしっかりした体になっていました。23~24㎏くらいはあったように思います。釜じいが耳の毛は抜いていたようで、きれいなエアデールの耳でした。二日間誰にも見られず、どこで過ごしたのかわかりません。

登録も無事に済み鑑札をもらい、年が明けたら狂犬病の注射や去勢をしようと思っていたそうです。今週、シャンプー、トリミングをしてきれいになってお正月を迎えようとしていたそうです。お正月になったら新しいお布団にしようと用意していたそうです。新しい首輪も用意してありました。おいしいフードも口を開けたばかりでした。

釜じいは早くから「いつになったら登録ができるのか?」「まだ鑑札はもらえないのか?」とバロンとの生活が楽しくて「はやくうちの犬になればいいな」と話していました。登録できたときにはとても嬉しそうでした。「まだときどき尻尾が下がるときがあるんだよ」とバロンのことを心配もしていました。朝早く吠えて釜じいを起こしお散歩に誘っていました。バロン、みんなに優しくて、元気になってみんなに可愛がられて安心していたのに。 走ることもできなかったバロンが嬉しくて飛びついたり、何にもできなかったのにお手とオスワリも覚えました。まだこれから楽しいことがたくさんあったはずなのに。今まで釜じいが飼った犬の中でもバロンは一番といってもいいほど大切にされていました。雨の中もお散歩に出かけ、釜じいが肺炎になりかけたこともありました。でも、バロンがお散歩を楽しみにしているからとバロンが喜ぶことが嬉しかったようです。

まさかこんなに急に逝ってしまうとは。
忙しかったけれど秋に一度会いに行けばよかったと後悔しています。もしかしたら、うちではなくて違うおうちの子になっていたほうがよかったのかもしれないとか、私も子どもたちと一緒に帰省してバロンの様子をちゃんと見ればよかったかもしれないとか、いろいろなことを考えてしまいます。 

せっかく皆で助けたバロンの命がまさかこんな形でなくなってしまうなんて考えもしませんでした。 全国のバロンを心配してくださった皆様に申し訳なく思っています。登録が済んだときに 「末永くお願いします」とCanndy papasさんにも言われたばかりなのに、本当にすみません。
バロンの命を守れなくてすみませんでした。

私がバロンに会いに行った27日は、岩手は低気圧の影響で、ものすごい雨と風でした。途中雷も鳴りました。6月にバロンと一緒に釜じいの家に行った日は、東京が梅雨に入った日で、その日もたいへんな雨でした。高速道路を走りながらあまりの雨の酷さに泣きたくなったのを思い出しました。

最後に元気なバロンを見たのは、バロンが大好きな釜じいでした。それだけに釜じいの悲しみはとても大きいです。でも、ちゃんとバロンのまま家に戻ってきてありがたいと。

お天気が回復した昨日、釜じいの家のお墓の脇にある、今まで釜じいの家で飼われた歴代犬のお墓に埋葬しました。お正月に使うはずだった新しいお布団を敷いてその上にバロンを横たえたそうです。食べることが大好きだったバロンがお腹を空かせないようにとフードやおやつも一緒に。来年のお盆までにはお墓の石を立てて供養すると話していました。

こんな形でバロンを失うとは思っていなかったので悔やんでも悔やみきれません。責任を持って飼うと言っておきながらこんなことになり申し訳なく思っています。私が「飼って」とさえ言わなければ。

バロンを心配してくださったたくさんの皆様にお詫び申し上げます。バロンをたすけることができなくてすみませんでした。

釜じいの家で過ごした6ヶ月、バロンは幸せだったと思いたいです。


エアデール柄 [baron]

日曜日にがんばったモカ、なんだかゴロゴロウダウダ・・・・・・

しかし、年の瀬することはたくさんあるのだ!!

銀行に行って、お買い物をして・・・・・

百貨店のハンカチ売り場をのぞいてみると、テリアの柄を発見。

バーバリーではよくテリアの柄が使われています。

しかし、しか~し、renomaの紳士ものにエアデールの柄を発見。

珍しい~~~!!!

色違いで3枚も買ってしまいました(><)

ワイヤーグッズも珍しいけれど、エアデールのも殆どみたことがありません。

あ、エルメスでプレートがあるらしいけど。

 

M子が小2のときに先生からいただいた3枚の葉っぱが3鉢に増えました。

先週まで外に置いていたのですが、部屋に入れたら次々咲いています。

しばらく楽しめそう!

 

 

バロン、あれから半年が経ちました。

市役所に登録し鑑札をいただき釜じいの家の犬になりました。

跳ねたり、走ったり、やんちゃだそうです。

エアデールらしさも出てきたようで、とても元気に暮しています。

たくさんの人たちがバロンという名前も覚えてくれました。

トリマーさんとも仲良しになりました。

みんなを和ましてくれています。

今年の漢字は「命」だそうですが、たくさんの方々のおかげで一つの命を救うことができました。

ありがとうございました。


元気です [baron]

青い空が広がって気持ちがよいので、風邪をひいて調子はいまいちだけれどもモカ&ショパンとクローバー畑に行った。

ときにはモカとお勉強の復習もしないとと思いダンベルを持っていくと、ショパンが食いついた!

ボールやおもちゃの「持って来い!」はできないのに、モカ用の木の大きなダンベルを咥えて走るではないか?!

「とったじょ~~!」と得意げに持ってくる。

よいしょよいしょ。

それは私のよ!

休憩・・・・・

ショパンもお勉強、本気でがんばってみる?

 

 

10月に釜じいのところに行ってバロンのトリミングをしようと思っていた。

しかし、S之介の小学校の登下校時間の送迎があったり、ミシンの授業のお手伝いもあった。M子の受験に向けて学校説明会や学校見学があり、帰ることができなかった。

釜じいが写真を送ってくれた。

釜じいのところに行って明日でちょうど5ヶ月のバロンはとっても元気。

毎朝5時頃ワォンワォンと吠えるけれど、昼間は知らない人が来ても、どんな車にも吠えることなく、訪れる人に可愛がってもらっているようだ。

エアデールを扱ったことがなかった近所のトリマーさんも、少しずつ慣れて“エアデール”に見えるようにカットをしてくれるようになったそうだ。

最初の頃は、シャンプーに行って帰ってくると、タヌキのような尻尾になっていたり、眉毛がなくなっていたりで、釜じいも「なんか違う・・・・」と笑っていた。

小さい街なので、バロンのことはみんなが知っているみたい。

釜じい、釜ばあ、幼稚園のRyu先生が大好き。

食べ物はなんでも大好き。

ショパンモカがりんごを食べるのを知っているので、バロンにも食べさせようと思ったら、丸ごとでは食べなかったそうだ。モカはワイルドに皮付きのまま丸ごとガブリと食べるのだけれど、バロンは切り分けないと食べないらしい。

 

たくさんの方々に心配いただいたバロンはとっても元気で釜じいの家にすっかりなじんで、ずっと前から釜じいの家の子のようです。皆様どうぞご安心を。

釜じいに送ってもらった写真をデジカメで撮ったので、きれいな画像ではありません。


初公開 [baron]

16日はお盆の中で一番忙しい日。

2時頃やっとお昼ご飯になる。

お掃除が終わってからやっとゆっくりできる。

初公開、釜じい。

バロンは釜じいの姿を見ると嬉しくてジャンプ!ジャンプ!

釜ばあを見ると吠えるそうだ。この人に吠えるとご飯がもらえると思っているらしい。もう一人吠えられるのは、幼稚園のバスのRyu先生。たくさん遊んでくれるので大好き。姿を見るとバウバウ吠える。でも指示もきく。遠く離れたところからでも「おすわり」と言うとちゃんと座っていた。

バロンをケージに入れるのはS之介の仕事。おやつを3つ用意し、一つは入り口に、もう一つは真ん中に、そして一番大きいものを奥に入れるとそれに釣られてバロンが中に入るのだった。

バロンは、名前の通りとっても堂々としていた。釜ばあとRyu先生以外に吠えることは殆どなかった。よその人にも車にも、モカにも吠えることはなかった。尻尾を振って近づいてくるバロンは何しろ可愛い。

今はのんびり暮しているバロン。可愛がってくれている釜じい釜ばあに感謝したい。Ryu先生にもね。バロンのまわりにいるみんなにありがとう!

 

やきもち焼きのモカは私が「バロン」と言うだけでガルルルルル。


少し抜き抜き [baron]

朝はお天気が良かった。

朝からごきげんなバロン。

 

2頭並んでいい感じ、と思っていたら・・・

次の瞬間

ショパン、あごがはずれそう!

 

今日はお盆中でも少しゆっくりできる日。

バロンの耳の毛、顔の毛を少し抜き抜きしてみた。

急いで荷造りしたので、忘れ物がいっぱい。トリミングナイフはあったけれど、バリカンやはさみがなくて、思うようにトリミングができなかった。失敗!

 

だんだん曇って霧雨が降りだした。

海に行きたがっていたS之介はがっかり。


再会! [baron]

パパは喜多じいのところにもう1泊。

M子S之介モカ&ショパンは、釜じいのところへ向かった。

7時に出発。高速道路は、下りの車がとっても多い。でも渋滞はないし、順調。みんなびゅんびゅん飛ばしていたけれど、覆面パトカーに捕まっているのを3台も目撃。怖いのでちゃんと速度を守って走った。

途中、ゆっくり休んだので3時頃釜じいの家に到着。

バロンと2ヶ月ぶりの再会。とっても元気そうで安心した。少し太って、一回り大きくなったような気がした。

バロンがモカの家に1泊したときには、モカが威張っていた。

しかし、今日は違った。バロンのテリトリーにモカが入ったから勝手が違ったようだ。「遊ぼう!」と尻尾をブリブリ振って誘いにくるバロンに対して、尻尾を下げ「う~」と小さく唸って固まったモカ

5月の連休に遊びに行ったときにモカは、自由に庭を駆けて遊んでいたのだが、今回は様子が全然違う。

バロンはとっても良い子になっていて「オスワリ」「お手」「おかわり」ができるようになっていた。

お盆中は、車の出入りが多いのでバロンはロングリードでつながれていたもののかなり自由に動けるようになっていた。

歩いていると、後ろからお尻を鼻でツンツンと突いたりする。嬉しそうに走ったりもする。

2ヶ月前のおどおどびくびくしたバロンとは比べ物にならない。

今でも大きい音におびえたり、お尻に触られるのは極端に嫌うけれど、座っているところを後ろからぎゅーっと抱いてもぜんぜん平気。

すっかり釜じいの家の子になっていて安心した。

お盆の前にシャンプーを頼んだら、カットもしてくれたそうで、眉毛と口の周りの毛も見事に短くされていた。トリマーさんも、本を見ながらエアデールにしようとがんばってくれているらしいが。


カイカイのお薬とその後のバロン [baron]

昨日、カイカイのお薬をもらいに行ったらお休みだったので、今日出直し。

7時半頃一度病院に行き診察券を出して家に帰り、診察開始時間にモカショパンを連れて行った。ショパンもお腹のあたりにプツプツできていたので念のため診てもらうことにした。

モカの鼻の脇のかさぶたの様子を診て、今までと同じお薬をさらに2週間続けることになった。先生もだいぶ状態がよくなったと言っていた。

ショパンは「何か最近環境が変わりましたか?」と聞かれたけれど、思い当たる節がない。ショパンもお薬を1週間分。

モカショパンも体重を量ったが、どちらも朝ごはんを食べていかなかったので、ご飯の分前回よりも減っていた。

会計を待っていると、よその飼い主さんが「親子ですか?」と聞いてきた。知らない人にはどうしても親子に見えるようだ。

 

 

バロンが釜じいの家の子になって明日で1ヶ月。

昨日、写真が届いた。スキャナーがないので、送られた写真をデジカメで撮ったので写りが悪いのだけれど。

釜じいと仲良く暮しているようで安心した。

広い庭でのんびり過ごしているようだ。

家の近くのトリマーさんにシャンプーをお願いしたところ「どのようにカットしますか?」と聞かれたそうで「カットはしなくていいからシャンプーをお願いします」と頼んだそうだ。「でもカットするのが仕事だから」と言われたらしい。

迎えに行くと、少しだけカットされてスッキリしたバロンがいたらしい。

眉毛を少しと口の周りの毛も短くカットされたようで、テディカットのような仕上がり。釜ばあも、なんだかモカと違うので笑ったそうだが、目の表情が良く見えるようになって、みんなにかわいいと言われているらしい。

釜じいと幼稚園のRyu先生が大好きで、二人の車の音が聞こえると大興奮。

街の人たちも「珍しいいい犬がいるんだって?」とたくさんバロンに会いに来てくれているそうだ。

吠えることもなく、みんなに「かわいい!」「いい子だね!」と言われているそうだ。

釜じいのところの幼稚園の子どもたちともとっても仲良しになったそうだ。バロンが釜じいのところに行ってからすぐに一緒に遊ぶようになったそうだ。バロンは子どもたちが大好きで、そんなバロンを子どもたちも大好き。

庭で遊んでいても、釜ばあをみつけると走って駆け寄ってくるらしい。楽しそうに走れるようになったらしい。釜じいのところに行ってからしばらくは走らないと言うので心配していた。モカは釜ばあのことをボスと思っているフシがあるけれど、バロンもそんなふうに思っているのかも。

普段は外で過ごしている。ワンコ仕様の家ではないし、一緒に寝たりもしていないけれど、美味しいご飯を食べて、みんなと遊び、のんびりと暮している。

お盆に遊びに行き、バロンに会えるのをとても楽しみにしている。犬つかいM子が何か教えられればいいのだけれど。

 

バロンのことでは、本当にたくさんの方々にご心配いただきました。バロンの命を繋いでくださった皆様にあらためて感謝の気持ちでいっぱいです。これからもときどきバロンの様子をお知らせしたいと思っています。


エアデールがやってきた [baron]

釜じいの家にエアデールがやってきた。

 

毎日続けて書いているソネブロ。

3日間の空白があるのにお気づきの方もいらっしゃるかと。

 

天気予報で9日は雨だというので、予定を早め、8日のうちに一時預かりさんのお家に迎えに行った。広いケージの中には尻尾がピンと立ったエアデールが1頭。一時預かりさんにきれいにカットをしてもらって立派になっていた。

一時預かりさんのお家を出発してしばらくはクレートでワンワン吠えていた。その後は、心配になるほど静か。ときどき、ごそごそ動く気配がした。

暗くなってから家に到着。数時間をモカショパンと一緒に過ごした。

金曜日、関東地方が梅雨に入ったその日、私は高速道路を北へ向かった。50km~80kmの速度制限があるほど強い雨。ときどきワイパーがきかないほど。途中、事故があり通行止めの箇所も。休憩をしている間に解除になったのはラッキーだった。

運転は私、トランクのクレートには大事な大事なエアデールが1頭。

エアデールの名前は「バロン」。バロンは男爵という意味。良家の出身で、一度は落ちぶれたものの、誇り高く、威厳を持って生きて欲しいという願いを込めてモカパパが名づけた。

 

車が走っている間は、寝ているのかずっとおとなしい。2時間おきに休憩を取り、雨にあたらないところを少しお散歩した。

570kmを8時間かけてついた先は、釜じいの家。

到着したときには、雨だけではなく風もかなり強く、まるで季節はずれの台風。雨に濡れながら4人で庭に置くケージを組み立てている最中だった。

バロンを車から降ろすと雨の中、あちこち匂いを嗅ぎ何かを確認している。

出迎えてくれた釜じいも釜ばあも「いい子だね」と一目見るなり気に入った様子。モカを知っているだけに、ガウッともせず、はしゃぐことのない、おびえたバロンを優しく迎えてくれた。

雨が止むのを見計らい、動物病院に連れて行った。健康診断とカルテを作るのが目的。診察台に上げられたバロンはじっと立っている。先生に「いい子ね」と褒められた。どこを触っても嫌がらない。今までの事情を話すと「こんなにいい子なのに・・・」と。診察の結果は、特別問題がないということだったが、お腹の薬を1週間分処方された。1歳くらいとのことだったが、歯石を取った跡があり、2~3歳ではないかということだった。

10日は、朝5時に吠えて釜じいを起こした。普段から早起きだけれど、起こされた釜じいは、家のまわりを2周したそうだ。釜じいが早く歩くと早く歩き、ゆっくり歩くとバロンもゆっくり歩くのだそうだ。庭でリードを放してみたけれど、釜じいから離れることはなかったそうだ。きっと、置いていかれるという恐怖から釜じいのそばを離れることができなかったのではないだろうか。

朝ごはんのあと、私もバロンと一緒にお散歩。4つ葉のクローバーを見つけて手に持っているとバロンがムシャムシャ食べた。食欲は、到着したときから旺盛だったけれど。

四葉のクローバーこっちにも。

あっちにも。

幸せの四葉はバロンのお腹の中に・・・

晴れて気持ちが良いので、庭でバロンに櫛を入れたりはさみを入れて、少しすっきりさせた。アーモンド形の目が良く見えて、バロンの表情もよくわかるようになった。ブラック&タンが良く出ていて、モカの毛質とは全然違った。

とかしているうちに気持ちが良くなったバロンは、ゴロンと横になった。昨日の長旅の疲れのせいかもしれない。

午後、また庭で遊んでみたが、石の階段を上ったり下りたり。少し走ったりもするようになった。歩いていると、鼻先でツンツンと私の手を突いたりもする。なかなかオシッコとウンピーをしなかったので心配していたが、夕方にはその心配もなくなった。緊張も少しずつ緩んできたようだ。

バロンが落ち着くまで様子を見て、月曜日に家に戻る予定でいたのだが、S之介が水疱瘡になってしまい、急遽11日の午前中には釜じいの家を離れることになった。

11日の朝、釜ばあとゆっくりお散歩をするバロンを見て安心した。釜ばあの顔を見上げながら歩く。少しずつ表情も穏やかになり、エアデールらしさも出てきた。

11日、私が釜じいの家を出発した後、しばらくバロンは吠えていたそうだ。また、置いていかれると思ったのかもしれない。

14日に釜じいと再度動物病院に行き診察をしてもらった。、栄養が不足な他は悪いところがないということで、8種混合ワクチンを接種したそうだ。先生は、少しトリミングされたバロンに気がついて「あら、毛がすっきりして可愛くなったわね」と仰ってくださったそうだ。

一日ごとに新しい環境に慣れ、今では尻尾をブリブリ振るようになったそうだ。

バロンが今までどのような育てられ方をしていたのかはわからないけれど、これからは釜じい、釜ばあに大事にしてもらえる。家を訪れるたくさんの人たちにも。 

 

 

多くの方々に見守られて、バロンは新しい犬生を歩み始めました。

バロンの命を救ってくださったマークパパさん始め、保護されている間お世話をしてくださった皆様、ご心配いただいた全国の皆様、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

皆様の思いは一つ、バロンが幸せで暮らすこと。

縁があって釜じいの家に落ち着いたのだと思っています。

バロンのまわりの皆がバロンを癒し、バロンが皆の心を癒してくれることと思います。

 

 

べりねぇさんのブログで保護されているエアデールがいることを知りました。飼い主が見つかれば、どうにか救いたいと思い私のブログでもすぐに紹介しました。

そして、命の期限があったことから、飼ってくれそうな知り合いにも次々声をかけました。釜じいもその中の一人です。


続々 迷子のエアデール [baron]

保護されているエアデール、タイムリミットはどんどん近づいています。

いろいろな方にご協力をしていただき、ブログで紹介していただいたり、掲示板に書いていただいたりしています。

テリアの好きな方に声をかけたり、犬を欲しがっているところに声をかけたり・・・・・

私も実家の父にしつこく電話をしました。これがのちのち・・・・

 

そんな中、今日のマークパパさんのブログに「ありがとうございました」の文字が。 

一時預かりをしてくれる方も決まり、その後の里親も内定したということが書かれています。

6月1日までは、拾得物扱いということなので、詳しいことはその日以降に書かれることと思います。

たくさんの方々のご協力に感謝いたします。

一つの命がなくならずに済みました。

いろいろなところで、いろいろな方々が、1頭のエアデールを心配し、動いてくださいました。

みなさまの温かい心にお礼の気持ちでいっぱいです。 

ほんとうにありがとうございました。 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。